DENX -同志社大学 電気情報研究会-

What’s DENX?(概要説明)

電気情報研究会(通称:DENX)は、1963年に設立された情報技術に関連した活動を行う同志社大学公認団体です。
当団体では主にPCを用いた作品制作や情報・創作系イベントへの参加などに取り組んでいます。

主な活動としては、プログラミング言語の習得とそれを用いたゲーム・アプリ制作、3DCGやデジタルイラスト制作、音楽制作(DTM)、電子工作などが挙げられます。
近年話題のVRやARといった分野で活動する会員も在籍しています。

また、これらの技術に関する知識共有・スキル向上を目的とした勉強会講座といった活動も積極的に行っており、未経験の方や初心者の方でもスキルアップしやすい環境が整っています。


活動について

DENXの活動は部室での制作活動+毎月だいたい第二土曜日(諸事情で違う日に開催することもありますが…)に開かれる総会への出席がメインとなります。
制作に関しては「PCまたはそれに準ずる情報関連のモノを用いている」というゆるゆるな条件を満たしていればその他細かいジャンルなどの制限は無く、上記の通り様々なジャンルでの活動が盛んに行われています。

またその性質から「(これまで何の創作にも触れてこなかったが)これから始めたい」という初心者の方から「高校の頃、趣味でMAD動画を制作していた」といった創作経験者の方、
果ては「生まれた時からプログラミングをやり続けている」というゴリゴリのプログラマーの方まで、DENXは幅広い層のエンジニア/クリエイターを歓迎しています。


年間スケジュール

2017年度を例に、DENXの1年間のスケジュールを紹介します。

  • 新勧(4~5月)
    新入生・新入部員向けのオリエンテーションを行います。
  • 夏合宿(8月〜9月)
    夏休みに合わせて泊りがけの制作合宿を行います。
  • 同志社EVE(11月下旬)
    いわゆる同志社大学の学園祭です。例年、DENXは教室を借りて制作物を展示したりしています。
  • 冬のコミックマーケット(12月末)
    2017年度は遂にコミックマーケットへ進出し、会報誌の頒布を行いました。
  • 春合宿(3月)
    会員同士の親睦を深めるため3日間泊りがけで遊び倒します。


入会に際して

DENXへの入会には『入会費・年会費の支払い』および『会則への同意』が必要となります。
当団体への入会を希望する方は、以下をよくご確認ください。

・入会費・年会費
入会費:3,000円
年会費:6,000円
(当代会則に依る)

入会の際は「入会費 + 年会費」の金額をお支払い頂きます。
また年度が変わる際に継続して在籍する場合は年会費を支払って頂く必要があります。

・会則
DENXの会則は以下のアドレスよりご覧頂けます。
DENXとして活動するときは最低限この会則を守ることが必須となるので、よくご確認ください。
https://github.com/denx-jp/regulations